職員インタビューinterview

箕輪 小也(みのわ さや)

所属:渋谷矯正歯科
入職年度:2015年4月
趣味・好きなこと:旅行

渋谷矯正歯科グループを陰ながら支えるスタッフ 箕輪 に仕事の大変さ、やりがいなどについて聞きました。クリニック勤務とはまた違った仕事のやりがいについてご参考までにご覧ください。

挨拶

よろしくお願いします。
渋谷矯正歯科 事務局の箕輪小也です。

応募のきっかけは何でしたか?

前勤務先の業績変化が大きく縮小傾向となり転職を決めました。転職先として気になる企業を10社ほどピックアップしていました。人生プランとしてずっと働いていきたいという気持ちが芽生えきて事務が1番だな…と。普通の総務、ただの経理ではなくトップに付いて変化を感じられる仕事をしたいと転職先を探していました。

前職はどんなことをされていたんですか?

幾つか職場を変わってきましたが、前職はベンチャー企業で社長秘書をしていました。トップの傍で多くのことに携われる仕事として多くの経験を積めたことは、今の事務局長職に活きています。

渋谷矯正歯科グループを選んだ理由はなんですか?

理由の1つは面接のときに理事長の東海林先生とお話しをさせていただいて、新しいことに挑戦 する姿勢に感銘を受けました。
常に進化し続ける姿勢というのは努力なしではできることではないと思います。新しいことに挑戦できる環境でさらにキャリアアップをしたいと思い当グループを選びました。

 

現在の規模と違って当時、渋谷本院のみ一院でしたが理事長や副理事長とお話しをさせて頂いて、今後の展望として大きくなっていくためには事務局が必要と伺って、チャレンジしたいというか自分の力を発揮できるのではないかと入職を決めました。
特に理事長が自信とともに誇りをもってお話しされていたのが印象的でした。また面接から内定の話を頂くまで早くて、そのスピード感に圧倒されたのを覚えています。
トップの傍で働かせて頂く機会が多かったので、理事長のお話を伺ったときに「この方についていこう」と直感的に感じました。

 

患者さまと接していて嬉しかったエピソードなどありますか?

事務局として患者様と接する機会はほとんどありませんが、クリニックの環境づくりなどがお仕事の一つにあります。
最終決定は理事長となりますが、ある程度のレイアウトですとか院内の雰囲気づくりは事務局として任せて頂いています。マーケティング部門と連携して新しいクリニックに携わるのですがイメージを共有したあとは事務局主体で進めていきます。
新規開業は大きな規模の予算が動くので、責任やプレッシャーは大きいのですが患者さまのため、法人の成長のために全力を尽くして、取り組んでいます。新しいクリニックが開院して順調に軌道にのって、良い数字を見ると嬉しさを感じます!

振り返って失敗や苦労したことはありますか?

少し前になるのですが、理事長から頂いた大切な仕事の締め切りを失念してしまったことがありました。理事長に凄く叱られて本当に落ち込みました…。「もう辞めなければならないかも…」と言うくらい責任の大きい仕事でした。ところが次の日になるとまったくその事に触れず、いままで通り信頼して仕事を任せてくださいました。 

この出来事は私にとって凄く大きなターニングポイントで、理事長の背中をみて同じ過ちを二度としないようにと誓ったのを覚えています。

担当ととして心掛けていること、気を付けていることはありますか?

法人の急成長に伴って事務所の業務が大幅に増えた時期がありました。現在は事務局長という立場でこれまでの自分の経験を活かした仕組み作り、また「見える化」をして職員が困らないような組織作りを心がけています。
私たちは矯正歯科、歯科という医療機関ですので、ある程度は治療のプロセスや歯科医療に関する予備知識を得る努力は続けています。事務局としてもそうした知識を共有できる体制の必要性を感じています。

ご自身の目標やビジョンを教えてください

常に「謙虚」という言葉を胸に置いて仕事に向き合っています。事務局長という立場上、経営チームと接するシーンが多いので自分が偉くなったような気になりがちですが現場の皆さんの頑張りがあって事務局があります。理事長に雇って頂いている自分の立場を見失わず、小さなことをコツコツ、「謙虚」に取り組み、事務局が信頼される場所であることを目標にしています。

 

自分自身も社会の一部として、仕事をできるだけ続けていきたいと思っています。私のライフステージに配慮して、場所にとらわれない自由な働き方を認めて頂いています。理事長や法人の期待に事務局の成果としてお応えしたいと考えています。

 

矯正歯科というと「見た目」ばかりが取り上げらる業界なのですが、渋谷矯正歯科では歯ならびが健康に繋がるという視点、コンプレックスを解消して笑顔で治療を続けるというポリシーを持ち続けています。欧米に比べてまだまだ歯の大切さが知られていないのも日本の現実だと思います。私も法人の一員として、社会の一員として矯正歯科から1人でも多くの患者さまの人生を豊かにできたらと願っています。

渋谷矯正歯科グループの入職を検討している方にメッセージ

私たちには、新しいチャレンジを良しとするポジティブが文化があります。事務職というと「こうあるべき」という話になりがちですが、「もしこうなら?」とか「たとえばこうだとしたら?」というチャレンジ精神を全職員が持っています。
私自身も入職した当時に考え挑戦することで育てて頂いたので、新しく法人に加わってくださる皆さんにも、その文化の中で存分にチャレンジして頂きたいと思います。

エントリー
渋谷矯正歯科グループに少しでもご興味のある方は
まずはお気軽にお問い合わせください。
pageTop